社会人が習い事をする意味とメリットについて

習い事と聞くと一般的に子供が学習能力や身体能力を高めるために行われるものが多く、情操教育なども含めて将来への投資として検討している親も少なくありません。そんな習い事は子供のためのものばかりではなく大人向けのものもあり、社会人になってから習い事に興味を持つようになった・実際に始めてみたという人も多いようです。ただ社会人になってから習い事をする意味は子供が習い事をする場合とは異なっていますし、大人になってから習い事をするのは生活に余裕がある人だというイメージを持っている人もいます。

 

そこで今回は、社会人になってから習い事をすることの意味やメリットを解説していきます。

 

大人になってから始める習い事の意味とは

大人が社会人になってから習い事を始めることには、自発的にやりたいことを見つけるという意味があります。子供のころの習い事も人によっては自分がやりたいからと始める場合もありますが、物心つく前から始めている場合や特に習い事がやりたかったわけではない場合は親の指示で始めた人も少なくありません。このように自発的に始めたわけではない習い事はよほど楽しいと思わない限り続けていくことは難しいですし、実際に技能などが身についた人でも今の生活に影響を与えているのかというとそうではないケースも多いです。

 

それに対して大人になって社会人となり、自分の意思で習い事を始められるようになったからこそ自発的に自分がやりたい・続けたいと思えるものを見つけることができます。そうして自発的に始めた習い事は長く続けることができますし、趣味であっても本格的なものであっても自分の人生を潤すものとして楽しむことができるのです。そのため大人になってから始める習い事は、自発的に始めるということそのものに大きな意味があると考えられています。

 

社会人が習い事をするメリット1:ストレス発散や気分転換につながる

社会人が大人になってから習い事をすることには、いくつかのメリットがあります。その中の一つとして挙げられているのが、ストレス発散や気分転換になるという点です。社会人になって働き始めると、複雑な人間関係の中で仕事をこなさなければいけませんし、仕事関係でストレスを抱えてしまう人も少なくありません。このようなストレスは休日にうまく発散したり気分転換をすることでリフレッシュすることができるのですが、その手段の一つとして利用できるのが習い事なのです。

 

ここでポイントとなるのが、普段の生活環境や仕事環境とは異なる環境や作業に集中することだとされています。仕事や普段の生活以外に何か打ち込めるものを見つけること、そして実際にやってみて得られる爽快感は、ストレス発散やリフレッシュにうってつけです。またノルマなども設定されていないので、初心者であっても気楽に楽しむことができる点が癒しに繋がっているとも考えられています。

 

社会人が習い事をするメリット2:視野や交流関係が広がる

また大人になってから始める習い事のメリットには、交流関係を広げて自分自身の視野を広げることができるというメリットもあります。子供の習い事の場合は通いやすさも含めて近所の子供たちが集まることが多く、年齢もある程度近い子供たちが利用していますよね。それに対して社会人向けの習い事は通学する手段も幅広いことから遠方の人が利用することもありますし、習い事に参加する人たちの年齢や職業も非常に幅広いという特徴を持っています。このため普段の生活や仕事ではあまり接する機会が少ない年代の人や職業の人たちと知り合うことができるため、結果的に交流関係も広げやすいのです。

 

さらに自分とは違った年代や仕事、生活を送ってきた人たちと交流を深めることで、新たな価値観や視野を持つことができるようになります。それが自分自身にとっての良い刺激となるのはもちろん、広がった視野や価値観を仕事や生活に活かすことで新しい道や環境を作り出すことができるようになる可能性もメリットの一つです。

 

社会人が習い事をするメリット3:スキルアップや副業に繋げられる

社会人向けの習い事の中には資格を取得できるものも多く、実際に仕事や副業で役立つ資格が取得できるケースも少なくありません。このように習い事を通じて資格を手に入れることでスキルアップにつなげることができるのはもちろん、会社が禁止していなければ副業を始めるきっかけにしたりより副業でお金を稼ぐためのスキルを手に入れることが可能です。特に仕事で活用できる資格に関しては転職を考えている人にとっては有利に働きやすいですし、これまでに仕事をしたことがないという人でも習い事を通じて資格を手に入れることで実践経験も身につくので自信がつきやすくなります。

 

副業に関しては資格を取得しておけば、万が一本業を続けることができなくなった場合や本業の収入が落ちてしまった時でもある程度の収入や利益を得ることができます。会社が禁止している場合は副業をすることができないものの、将来本業を定年まで勤めあげた後の収入源を得るための知識や技術として身につけておくという保険にできる点は大きなメリットです。

 

社会人が習い事をするメリット4:出会いの場として活用できる

大人になってからの習い事は様々な人たちとの出会いにつながるため、視野や交流関係を広げることができるだけではなく、若い人であればそれを出会いの場として活用できるというメリットにもつなげることができます。習い事を通じて出会った相手は趣味が同じであることが多いことから、話が合いやすく仲良くなりやすいという特徴があります。それをうまく活かして友人関係を築くことができるのはもちろん、異性が相手であれば友人関係だけではなく恋人関係に発展させることもできます。

 

習い事で知り合った人たちと恋人関係になることがなかったとしても、そこから交流関係を広げて出会いのチャンスを広げることも可能です。このため仕事や普段の生活でなかなか出会いがないという人は、習い事を出会いのきっかけに利用してみるというのもありだとされています。

 

習い事は社会人になってからでも大きな意味やメリットがある

大人になってから始める習い事は、自分たちでやりたいと思って始めることそのものに大きな意味があり、自発的に始めるからこそ楽しく長く続けられると考えられています。また社会人向けの習い事は利用している人たちの年代や職業が幅広いことから広い交流関係を持つことができ、その刺激を自分自身の仕事や生活に活用できる点・出会いのチャンスとして活用できる点など様々なメリットがあります。特に仕事や普段の生活で疲れている人にとってはストレス発散や気分転換として活用できるので、興味がある習い事があれば気軽に始めてみることがおすすめです。